crush&build.

近所の家屋解体がようやく始る。

人手不足も影響か?職人さんも県外から来られている。

近所は空き地が増えました。

引っ越し

今日、ご近所の奥さんが引っ越しました。

地震で建物を解体するので、やむなく遠いところへ引っ越しです。
ご近所付き合い、また自治会でとてもお世話になっていたので、地域全体の人々が別れを惜しんでいました。

現在うちの地域はあちらこちらで工事中、解体も多く空き地が増えてきました。
壊れたものは見えなくなってきましたが、個々の負担は重くのし掛かってくる。

長年お付き合いした方と別れることは寂しいですが、これも運命で仕方がないと思う。
人々の移動によってコミュニティに大きな変化が生まれています。

立野地区

SDIM0204先週末に立野地区を訪れた。

県道145合線(瀬田熊本線)を走り、立野手前から阿蘇長陽大橋を渡り、南阿蘇鉄道と平行に走っている村道を経て、白水、高森、久木野方面に行く風景がとても好きだ。

現在はご存知の通り、阿蘇大橋崩落、長陽大橋は工事中、国道57号も阿蘇大橋付近の土砂崩落の影響で依然通行止めである。

まだ壊れたままの家屋が多く、行く途中の集落もひっそりとしていて、車の行き来や人が少ないせいか何か静かすぎて落ち着かない。
立野地区には給水タンクが数カ所に置いてあり、まだ水道が止まっている家もあるようだ。

地震、風水害などにより壊れた様々なものは、ほんの一部修復されただけである。

阿蘇大橋の再建の前に、2017年末をめどに、阿蘇長陽大橋を修復して南阿蘇につながる代替えルートの工事が進められている。
http://www.mlit.go.jp/common/001146873.pdf

俵山バイパスルート 県道熊本高森線

2016年12月24日俵山トンネルルートは無事開通しました。

熊本地震で被害が大きかった俵山バイパスは現在通行止めですが、現在迂回路を利用した俵山トンネルルートを年内をめどに開通させる予定。

http://www.qsr.mlit.go.jp/n-kisyahappyou/h28/data_file/1473662989.pdf

現在熊本市内から阿蘇市内へのアクセスは、ミルクロードとグリーンロードの二本が主なアクセスになります。
しかし、冬のグリーンロードは凍結、積雪による通行止が多いので、現在急ピッチで俵山ルートの仮復旧が行われています。

冬季にグリーンロードを通行する際は、十分に気象情報や道路情報をチェックしてからお出かけください。

11月5日現在の俵山バイパス復旧工事の現況です。
俵山旧道入口手前付近。
IMGP2843(1)

“俵山バイパスルート 県道熊本高森線” の続きを読む